仕事探しのための資格取得antifjaka

求人探しのためのantifjaka > ドライバー・物流 > 「物流」について必要な「フォークリフト」の解説

「物流」について必要な「フォークリフト」の解説

「フォークリフト」とは

フォークリフト、これが活躍する場所は物流関係の会社の倉庫です。普通の人では持てないし動かすことも不可能な重たい物を軽々と動かすことのできる機械がフォークリフトというものです。

様々な分野で可能!どんな職場に役立つのか。

基本的に作業する場所は倉庫内作業の時なのですが、これは野外でも使用可能です。例えば、野外のコンサート会場を設置する時などにも大変役立つ物です。

社内でキャリアアップが可能!!どんな例があるのかをご紹介。

フォークリフトの免許を持っている人は、倉庫内作業をしています。限られた空間での作業が当たり前なのでフォークリフトとは、いわば重機なのです。人に当たりでもすれば大怪我をしてしまいます。自分が今いる空間をしっかりと確認することが自然と多くなりそれが無事故にも繋がっています。社内でキャリアアップ出来たことで運転も丁寧に上手くなったと言われました。

資格の活かし方

フォークリフトの資格を所持していても行動を運転することは出来ません倉庫内のみ有効なのです。行動を走行する時には小型特殊等の違う免許が必要になります。それとフォークリフトだけの免許を所持していても採用される確率は低いです。同時に玉掛けの免許もし得されることをオススメします。

資格取得の方法

車の免許を持っている人であれば約2日で取得可能で、費用は2万円くらいです。フォークリフトは、昭和47年まで車両建設機械に含まれていたのですが、あまりにも事故が多発したので特別なライセンスとして独立しました。

関連情報

dT̂߂̎i擾antifjaka
Copyright 求人探しのためのantifjaka, INC. All Rights Reserved.