仕事探しのための資格取得antifjaka

求人探しのためのantifjaka > 医療介護 > 「介護」について必要な「介護職員初任者研修」の解説

「介護」について必要な「介護職員初任者研修」の解説

「介護職員初任者研修」とは

認知症患者のお手伝いをするのに必要な資格です。この資格はもともと、「ヘルパー2級」という資格でした。高齢者の数が増える日本の中で需要と供給が確定している仕事の1つが介護スタッフです。もとはヘルパー2級という資格でしたが法の改正により名前を「介護職員初任者研修」へと変わり以前よりより高度な技術を求められるようになった資格です。

様々な分野で可能!どんな職場に役立つのか。

この資格は、介護施設系列で役立ちます。介護施設系列には、デイサービスセンターや、訪問介護ステーションなども含まれます。これ等の仕事は無資格でも出来る所は多いですが、資格を持っているだけで時給が上がったり任せてもらえる仕事が高度になったりします。

資格の活かし方

今、世界中でそうですが特に日本では高齢化が進み日本全国各地で介護職員に対するニースが増えています。いまから20年後には200万人以上の介護職員が必要となっていると言われています。日本のどこに行っても仕事にありつける資格といっても過言ではないと言えます。

資格取得の方法

元もとは、講習を決められた時間受けるだけで取得することが出来たのです。改正後に以前はあった実習の30時間が無くなりました。ですが、今では講習時間も増えて最後に修了試験を受けて合格しなければ取得することが出来なくなりました。

費用について

有名な学校などに通えば100,000円くらいの金額がかかると言われていますが、地域に密着した所では7.80000万円で資格の取得が可能となっています。

関連情報

dT̂߂̎i擾antifjaka
Copyright 求人探しのためのantifjaka, INC. All Rights Reserved.