仕事探しのための資格取得antifjaka

求人探しのためのantifjaka > IT・CT系 > Web制作の求人に応募する際に持っていたらいいとされる知識とは?

Web制作の求人に応募する際に持っていたらいいとされる知識とは?

実際に、前の経験を活かしてWebデザインやWebプログラムの求人に応募しようとする人は多くいると思います。そんな時資格欄を見て「え?この資格何??」となることは多いと思います。私も、今やWeb業界でいますが初めて見た時は本当にわからないことばかりでした。しかもそれが資格じゃなく「~~のソフト使える方」と書いてあるのです。個々では資格とは異なりますが、そうしたソフトや言語のご紹介をしていきましょう。

HTML

ウェブ上の文書を、表示させるときに使用しているのが「HTML」です。分かりやすく言いますと、画面の文書を構成しているものです。例えば画用紙に字を書くとします。書く前に何色で字を書くか、太さはどうするか等と様々な事を考えて書かれると思います。表現したい完成図を先に考えて創作していくと思います。創作していて途中で失敗してしまえばその時点で終わりです。ですが、HTMLを使用すればウェブ上なので確認しながら創作した物にしていくことが可能なのです。ただし、文字サイズの変化や、色の変化などはない骨組みを形成しています。

CSS

CSSはHTMLと組み合わせて使用する言語です。HTMLを使用して出来た骨組みを装飾していくことが出来ます。文字のサイズや色、形などを指定するのがCSSなのです。HTMLだけで作られた物に、服を着させたり化粧をさせたりなどの装飾をしたものがウェブ上で綺麗に見えるのです。CSSが無ければウェブ上で鮮やかに見せることが出来ません。

関連情報

dT̂߂̎i擾antifjaka
Copyright 求人探しのためのantifjaka, INC. All Rights Reserved.