仕事探しのための資格取得antifjaka

求人探しのためのantifjaka > 医療介護 > 介護スタッフの必要資格介護職員初任者研修

介護スタッフの必要資格介護職員初任者研修

介護職員初任者研修とは

この資格のことを一昨年前まではヘルパー2級と呼んでいました。団塊の世代の人達が65歳を越える年代になり日本の人口の4人に1人が老人というレベルにまで達しました。その中で必要なのが、看護師や介護士です。老人の看病がしっかり出来る人が必要なのです。介護職員初任者研修とは、介護士になるには持っておかなければならない最初の免許のようなものです。そこから多くの道に進むことが出来ます。

 

様々な分野で可能!どんな職場に役立つのか。

この資格を持っていると、働ける職場が広がります。介護施設でも働くことが出来ます。それだけではなく特別養護老人ホームやデイサービス等の介護に関する施設で働くことが可能となります。老人は増えていくばかりです。平たく言えば需要は確実に増えるしかないのです。そうなれば必要になってくるのが供給する介護士や看護師が必要となってきます。そこで介護職員初任者研修の資格を持ち経験があれば優遇されるし直にでも就職をすることが出来ます。

 

社内でキャリアアップが可能!!どんな例があるのかをご紹介。

この資格を取得してからの実務経験の時間によって上のランクの資格を得ることになります。それは、介護職員初任者研修の人がその上の介護福祉士の試験を受ける資格が得られるということです。看護の世界では試験を受けて資格を取得というシンプルなものが多いのです。それに比べて介護の世界は、1つの資格を取得してからその後の条件によって試験資格が変わってきます。

関連情報

dT̂߂̎i擾antifjaka
Copyright 求人探しのためのantifjaka, INC. All Rights Reserved.