仕事探しのための資格取得antifjaka

求人探しのためのantifjaka > ドライバー・物流 > 「ドライバー・物流」について必要な「運転免許」の解説

「ドライバー・物流」について必要な「運転免許」の解説

「運転免許」とは

運転免許とは車を運転するのに国が運転しても良いと認めたカードです。これを取得するのに費用は自分の年齢位はかかると言われています。基本は200,000円もしないのですが、歳を重ねれば重ねるほど柔軟さが無くなるからだと言われていて、20歳の人であれば200,000円で33歳の人であれば330,000円かかると言われています。

 

様々な分野で可能!どんな職場に役立つのか。

車の運転は、動かす車によって違います。バス、トラック、トレーラーなどざまざまです。動かす車によって適合する車の免許が必要になります。普通に免許を取得すれば第一種運転免許なのですが、人の運搬を目的としたタクシーは第二種運転免許が必要です。第二種はバスも同じなのですが、バスはタクシーと最大乗客数が違うので大型特殊免許が必要になります。タクシーとはまた違うペーパーと技能試験を受けなければなりません。

 

社内でキャリアアップが可能!!どんな例があるのかをご紹介。

第一種、第二種、中型、大型、特殊など種類が多くても扱うことが出来なければ全く意味がありません。タクシー会社に勤務していたとしても牽引車を運転する免許、いわゆる特殊免許を取得していれば何か事故があっても対応がすぐに出来るので会社でも地位が上がります。

 

資格の活かし方

車の資格は、取得して更新を忘れなければ生涯運転をすることが出来ます。車の免許はMTとATがありMTの人はサーキット等のレースにも対応することが出来ます。

関連情報

dT̂߂̎i擾antifjaka
Copyright 求人探しのためのantifjaka, INC. All Rights Reserved.