仕事探しのための資格取得antifjaka

求人探しのためのantifjaka > 医療介護 > 医療・介護について必要な「介護福祉士」の解説 

医療・介護について必要な「介護福祉士」の解説 

「介護福祉士」とは

介護には、いくつかの資格が存在します。その中でも介護福祉士の資格を有している人は、介護のプロと呼ばれるにふさわしい人です。このプロと呼ばれる介護福祉士の下には、ホームヘルパー1級、ホームヘルパー2級があります。ホームヘルパー1級は、実務者研修、2級は介護職員初任者研修と呼び名を改名しています。

 

様々な分野で可能!どんな職場に役立つのか。

現在の日本で4人に1人が老人と言われる世になってきました。日本各地にある介護施設、特別養護老人ホーム、デイケア、ケアサービス、など数多くの所で引くて数多なのが介護の資格を持っているひとです。特に介護福祉士の人数は、まだそれほど多いわけでもありませんので周囲の人の指導者的立場になると思います。

 

資格の活かし方

自分が働いている施設には、まだ試験を受ける資格に至っていない人もいると思います。その方に確実に抑えておかなければいけない部分を教えることが出来ます。自分と同じ資格を持っている人が増えれば、それだけ施設が活気づきます。まだ資格を持っていない人の目標になれます。

 

資格取得の方法

この資格の受験資格は実務者研修などの資格を持ち3年以上の実務経験が必要となります。3年に満たない人は受験をする資格もないということです。費用は8,000円からですが、受講者によってかかってくる金額と時間は違います。

関連情報

dT̂߂̎i擾antifjaka
Copyright 求人探しのためのantifjaka, INC. All Rights Reserved.