仕事探しのための資格取得antifjaka

求人探しのためのantifjaka

  • 薬剤師の資格

    薬剤師の資格をとることで、薬局での勤務ができる他、有名なドラックストア (マツモトキヨシ・ダイコクドラック・アルカ・ドン・キホーテ等)の調剤業務の他の仕事もすることが可能です。

  • 看護師の資格

    今や、買い手市場と呼ばれるような看護師の資格。看護師の資格には「看護師」と「准看護師」の資格に分かれています。 この資格の違いは実際の求人を見てみるとよく分かるようになっています。

  • フリーターの方おすすめの仕事

    フリーターで、「今何も目的もないなぁ~」という人に必見の資格をご紹介。 資格を目指すということは、目標を持って何かに取り組むということ。物足りない現実から抜け出せる一つの方法かもしれませんよ。

新着記事

仕事探しのためのantifjakaとはどんなサービスなのか

このサイトでは、あらゆる職種を解説するだけでなく、その職種に応募するにはどのようなことが必要なのかを解説していくサイトです。特に、近年では求人サイトが多くなってきましたね。しかしながら、資格の観点から語っているような求人サイトというのはあまりないのではないでしょうか。まぁ、よく考えてみると、資格を元に話をしてしまうと、資格を持っている人だけが集まってしまうと言う悲しい事になってしまうようですね。
しかしながら、私は思うんです。本当にそれを危惧していいのかと!なぜなら、そうした資格を持つということはその仕事に対して本当に「働きたい」という意志があるからこそその求人に応募しようとしているのではないかと…

そういった矛盾を感じないのが下に紹介するサイトです。このサイトでは資格のところにしっかりとどのような資格が必要なのかをしっかりと明記されています。そのため、資格を盛っている人が見た時に共感し、応募しやすくなっているそうです。

人気の転職/求人情報はディーナビ

このサイトは非常に職種なども見やすく、職場もリアルにまるでその職場に見学しているかのように見ることができるため、関西で人気の求人サイトとなっているそうです。

そうした求人サイトを見ていていても「本当にここでいいのかな?」と思う人のために私達はこのサイトであなたの不安を徹底的に取り除いていきます。

クリスマスについて

毎年クリスマスは、何処の家もマンションもイルミネーションの飾りに個性がでる。昔は子供を喜ばす為に親が時間とお金をかけてやっていたのだと思うが、21世紀の今は、少し意味合いが変わってきている。私は仕事で理由を知っているから言えるのである。私は、イルミネーションを取り付ける仕事をしているのである。取り付けが本職ではありません。防犯会社に勤務しています。今年もこの時期に空き巣が多発すると言うことで人材確保のために短期間の求人をしている。そこでその入ってきた新人の教育係として勤務している。本日はクリスマス・イヴと言うことで、空き巣には絶好の機会が多いのである。そんな時に働くのが私達である。

防犯会社が通常どういう仕事をしているのか、明確に知っている人は少ないと思います。簡単な事は、アルスックやスクムで知っている人はいるとは思いますが、有名な会社に入っていると言う事は、裏を返せば私達の家の中にはお金がたくさんありますよ。と公開しているようなものである。だがそれを守るのが私達、防犯会社なのである。有名ではないが、有名ではない分、仕事は雑用が増えたりしてしまうが、それは仕事の醍醐味だと思え ばすむかも知れないが、そう思えることは多くは無いと思う。

日払いも可能だと言うことで防犯会社の面接を受けに来たが、防犯会社の人の説明が細かく説明して教えてくれるのだが、本当に出来るのかと心配になった話である。

防犯会社が主にするのは短期の求人なのである。短期だと教育だけで終るのではないかと思われる人が多数いるかと思うが、そうでは無いのである。ココで働いている人達は以前から数度にわたり警備や防犯の仕事をしたのは人達ばかりだからである。この人達とは、個別に連絡を取っているのである。短期間契約という形になるのか分からないが、防犯会社の新しいスタイルと確立している最中である。勿論、本当の初心者には最初から個別になる時もあるがしっかりと教えているので問題はない。

防犯会社の求人は、その多くが短期間の求人が多いのは長期間だとスタッフが仕事に対してムラや甘えが出てしまい良くない結果が出てしまう可能性が高いという統計を信じているからである。既にある信頼関係を崩すことは無理に近いことである。それに対して、それを崩そうと努力するのではなく、新しい分野で力をつけようとするときに必要なのが新しい力である。その為には、短期間だけ契約で、適材適所の人材を保持している会社が後々力を発揮するのだと考えています。と説明してくれたのであるが、私は働けるのか、働けないのかを教えてくれればそれでいいと思った。

飲食店で働く男の話を更新!

毎日のように行っている定食屋で求人を見つけました。そこの店員はとても笑顔が良くて常に気分良くご飯を頂けるので重宝しています。週に4回は、パチンコ屋でアルバイトをしていて、バイトが終ると、その定食屋でご飯を食べて家に帰っていました。いつも元気なスタッフに何かあったのかと思い次の日に定食屋に行った時に、店長に聞いてみたら、主要の従業員が、旦那の転勤に合わせて違う店に転職をしたとかの話しで、その穴埋めにスタッフを募集するという話でした。

私は、パチンコ屋のバイトの帰りに良く行かせて頂いていてお世話になっていたので、私をココで雇って下さいと、店長に直談判しました。履歴書は後で持ってくると話すと、店長は、軽く笑いながら信じていますよ。

私は、店長と話すのは2回目か初めてなのですが、私の事は他のスタッフから聞いていて知っているようでした。常連のように通ってはいましたが、店員となると話は違いました。常に店全体を見ながら神経を張らなければいけないです、お客様のオーダーをとりに行くタイミングも体で覚えるしかないと思っていました。

迷惑はかけられないと思い、タイミングを見計らって先輩にサービングのコツを教えて欲しいと話したときに先輩が言ったのは一言でした。出来上がったものを、端から持っていくことをすれば、速度は上がるし、出来立てのアツアツを召し上がって頂こうと、お客様のことを考えて動けば、その考えはお客様にも伝わります。私はパチンコ屋ではこういう考えになったことは無かったのですが、飲食店でお客様のことを考えられるようになったことが、私がバイトを通して得た大きな変化の証です。常に顔は笑顔で、
周りのスタッフが今、何処で何の作業をしているかを、お互いが把握していることを最初のトレーニングをしている時に感じたと話していました。

dT̂߂̎i擾antifjaka
Copyright 求人探しのためのantifjaka, INC. All Rights Reserved.